10代で性病になり親に言えないが治療したい

患者を診ている医者

性行為の開始が若年化し、10代での性病の感染が問題になっています。
特に避妊や性病に関する知識や情報は持っていたとしても、それが自分の身に起こるとは考えず、安易に性行為を行ってしまう傾向があるためにそのような状況が発生してしまうのです。
もしも10代で性病になってしまったら、なかなか親には相談できないという人もいるでしょう。
友人に相談をするという人もいますが、やはり聞いた知識や雑誌やインターネットからの知識なので、十分であるとはいえません。
また解決方法もすべて予測にすぎません。

そんな時まずは学校の保健室の先生に相談してみるのはどうでしょうか。
専門的な知識を持っているので、適切なアドバイスを受けることが可能でしょう。
多くの場合、性病に感染したら、適切な治療を受けない限り、完治することは難しいです。
そのために、いずれは親に相談をしなくてはいけないときが来るかもしれません。
しかし保健の先生はきっとどのような親に報告をしたらよいかということもアドバイスをくれるはずです。

もしもどうしても親に内緒で治療をしたいという場合は、自費診療で治療を受けることが可能かもしれません。
その場合は、総合病院などよりもクリニックなどの小さな病院の方が個人個人への対応を行ってくれます。
本来は性病は保険診療で診察できるので、治療費もカバーできます。
しかし保険証を使用すると親にばれてしまいます。
そのために病院で相談をして自費診療に出来るかどうかを聞いてみるのです。
その場合は、費用は全て自己負担となるので、高額になることもあります。
それらをまかなうことが出来るのであれば、親にばれずに治療することも可能になるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧